救急救命士の教育訓練や調査研究、普及啓発支援、救急基金のことなら、《一般財団法人 救急振興財団》へ。

 

機関誌「救急救命」一覧21号~30号

   
 
機関誌「救急救命」一覧
 
PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要ですここから
  
←11号~20号へ 31号~40号へ→
   
機関誌「救急救命」30号 ( 2013-09-30 ・ 4535KB )
・救命生存率、石川県が2年連続全国一 ~金沢市消防局~
・「119救命サポートチーム」発足!~豊中市消防本部~
・救急業務の法制化から50周年を迎えて
・トリアージについて
・世界をまたに掛ける災害時多目的船構想を考える ほか…
 
機関誌「救急救命」29号発行 ( 2013-03-10 ・ 4962KB )
・第21回全国救急隊員シンポジウム in岡山
・市内のコンビニ79店舗にAEDを配備
・救命講習用にアプリやDVDを製作
・iPadで救急搬送を可視化!
・rt-PA療法の適応時間延長と脳卒中治療の現状について  ほか…
 
機関誌「救急救命」28号発行 ( 2012-09-30 ・ 5423KB )
・救急救命士を巡る課題
・第20回全国救急隊員シンポジウム in浜松
・救急隊員等が行う救急蘇生に関するガイドライン改訂への対応
・【最終回】ストレスと夏目漱石
・惨事ストレス ほか…
 
機関誌「救急救命」第27号発行 ( 7662KB )
・第20回全国救急隊員シンポジウム in浜松
・東日本大震災を踏まえた救急業務のあり方
・ガイドライン2010における救命の連鎖:「予防」と「早期認識」
・ビデオ喉頭鏡-病院前気管挿管の安全性と確実性の向上への期待- ほか…
 
機関誌「救急救命」第26号発行 ( 2011-09-30 ・ 6303KB )
・救急振興財団設立20周年
・救急救命士法施行から20年を振り返り救急救命士の役割を考える
・第19回全国救急隊員シンポジウム in 松山
・小児の一次救命処置「ガイドライン2010」がめざすもの
・放射線被ばく医療 ほか…
 
機関誌「救急救命」第25号発行 ( 2011-03-10 ・ 6041KB )
・村山市消防本部の「子ども救命士育成プロジェクト」
・シアトル救急における継続教育
・「ガイドライン2010」について
・急性冠症候群と心電図変化の基礎知識
・【第25回】月の引力と緩和医療-作家 広津和郎の実験 ほか…
 
機関誌「救急救命」第24号発行 ( 2010-09-30 ・ 4109KB )
・救急搬送受入体制の充実に向けて
・第18回全国救急隊員シンポジウム in金沢
・札幌市消防局救急ワークステーションを取材して
・喘息発作と吸入β2刺激薬
・低血糖について ほか…
 
機関誌「救急救命」第23号発行 ( 2009-11-30 ・ 4236KB )
・横浜型新救急システム~より多くの命を救うために~
・消防と医療の連携推進~円滑な救急搬送・受入体制の構築
・アナフィラキシーの基礎知識とエピペン
・新型インフルエンザの動向と今後の課題
・【第23回】検疫、命の防波堤 ほか…
 
機関誌「救急救命」第22号発行 ( 2009-05-31 ・ 3695KB )
・救急医療における消防と医療の連携について
・第17回全国救急隊員シンポジウム in熊本
・未来につなげ!命のバトン-不死鳥のまち福井でスタートした命をつなぐ心のリレー
・-北九州市消防救急ワークステーションを取材して-
・産科・周産期傷病者搬送の現状
ほか…
 
機関誌「救急救命」21号発行 ( 2008-11-30 ・ 4500KB )
・ミャンマーのサイクロン被害に対する医療活動
 ~国際緊急援助隊医療チームの団長として~
・救急業務の現状とメディカルコントロール体制
・岐阜県関市における応急手当普及啓発活動
・硫化水素中毒に対する危機管理 ほか…
一般財団法人救急振興財団
〒192-0364
東京都八王子市南大沢4-6
TEL.042-675-9931
FAX.042-675-9050
qrcode.png
http://fasd.jp/
モバイルサイトにアクセス!
123164
<<一般財団法人救急振興財団>> 〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-6 TEL:042-675-9931 FAX:042-675-9050