救急救命士の教育訓練や調査研究、普及啓発支援、救急基金のことなら、《一般財団法人 救急振興財団》へ。

 

機関誌「救急救命」通巻第17号

     
グラビア
救急ワークステーションでの薬剤投与訓練風景 札幌市消防局
北九州市消防局の応急手当普及啓発活動
東海村消防本部の応急手当普及啓発活動
 
救急振興財団設立15周年
 
 
クローズアップ救急
応急手当普及啓発活動の現状と課題16
 -新北九州空港における応急手当の普及活動-
 
応急手当普及啓発活動の現状と課題17
 -「子どもの救急ってどんなとき?」講習会-
 
 
基礎医学講座
小児の外傷の特徴について/ 佐賀大学医学部救急医学 瀧 健治
 
 
研修所だより
基本想定訓練を終えて/ 救急救命東京研修所助教授 荒井 勲
 
 
いのちの文化史【第17回】
医者三分に看病七分-平野重誠『病家須知』/北里大学名誉教授 立川 昭二
 
 
MESSAGE/救急救命士をめざす人たちへ
学問のススメ/ 救急救命九州研修所 教授 高松 学文
 
 
救急に関する調査研究助成事業完了報告
院外心肺停止のハイリスク患者・家族を対象とした心肺蘇生法(CPCR)
 の指導の実態・普及に関する実態調査/神戸市看護大学 教授 吉永喜久恵
 
ポーターマット・ターポリン担架・平担架・スクープストレッチャー・バックボードの機能を合わせ  持つ多機能担架の開発/所沢市消防本部中央消防署 救急隊長 沢田直司
 
病院前救護活動記録と入院後経過記録を関連づけた包括的データベースの開発と検証作業  を適切に行うための臨床指標の研究/永寿会福島病院 東平日出夫
 
日米における薬剤投与教育体制の差異についての研究/
田中秀治(1)、前住智也(1)、中尾亜美(1)、吉本恭子(1)、高橋宏幸(1)、Charles Pozner(2)
(1)国士舘大学院救急救命システムコース (2)ハーバード大学救急医学教授
 
救急医療における精神科疾患スクリーニング尺度に開発
 Japan Emergency Psychiatry Scale/
熊本大学医学部付属病院こころの診療科 橋本 聡
国立病院機構熊本医療センター精神科 渡邊 健次郎
国立病院機構熊本医療センター救命救急部 高橋 毅
 
救急活動における血圧計マンシェット・カバーに関する研究
 -感染対策に向けたディスポーザブル・マンシェット・カバーの作製と評価/
関根和弘(1)(3)、飯野光雄(1)(3)、風見 明(1)(3)、染谷伸一(1)(3)
大塚祐介(1)(3)、洞口茂樹(1)(3)、小山尚也(2)(3)
(1)野田市消防本部 (2)小張総合病院救急医療科 (3)野田市プレホスピタル研究会
 
財団法人救急振興財団 平成17年度事業報告
 
第15回全国救急隊員シンポジウム開催プログラム(案) in さいたま
 
平成19年度調査研究助成団体の募集
 
インフォメーション/編集後記/ほか
 
 
16号の記事一覧へ 18号の記事一覧へ
 
 
               一覧へ戻る        
一般財団法人救急振興財団
〒192-0364
東京都八王子市南大沢4-6
TEL.042-675-9931
FAX.042-675-9050
qrcode.png
http://fasd.jp/
モバイルサイトにアクセス!
133255
<<一般財団法人救急振興財団>> 〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-6 TEL:042-675-9931 FAX:042-675-9050