救急救命士の教育訓練や調査研究、普及啓発支援、救急基金のことなら、《一般財団法人 救急振興財団》へ。

 

機関誌「救急救命」通巻第33号

     
グラビア
第23回全国救急隊員シンポジウム
救急活動にデジタルペンを導入 ~三郷市消防本部~
観戦スタンドを見守るAED救護ボランティア ~ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ~
救急資器材開発に注ぐ熱意、ここにあり! ~呉市消防局~
救急救命九州研修所 研修風景
 
 
巻頭のことば
心配停止前の処置拡大が意味するもの/
一般社団法人日本臨床救急医学会代表理事 市立堺病院副院長 横田 順一郎
 
 
クローズアップ救急
救急活動にデジタルペンを導入 ~編集室~
観戦スタンドを見守るAED救護ボランティア ~編集室~
救急資器材開発に注ぐ熱意、ここにあり! ~編集室~
 
 
基礎医学講座
危険ドラッグの『危険性』とは?/
北里大学医学部救命救急医学 北里大学メディカルセンター・救急センター
上條 吉人
 
 
連載読み物 世界の災害現場から【第4回】
災害時の予想しづらい負傷原因を考える/
救急振興財団会長 日本私立学校振興・共済事業団 東京臨海病院顧問 山本 保博
 
 
MESSAGE/救急救命士をめざす人たちへ
今、思う事 いろいろ/救急救命九州研修所専任教授 大矢 浩史
 
 
研修所だより1
「救急救命士処置拡大追加講習」エルスタ東京で開講/
救急救命東京研修所所長 野上 豊
 
 
研修所だより2
平成26年度の指導救命士養成研修を終えて/
救急振興財団 稲垣 修二 河本 雄一郎
救急救命九州研修所研修部 重松 伸治 内田 宗暁
 
 
救急救命の高度化の推進に関する調査研究報告書(概要)
救急現場における傷病者の緊急度・重症度判断(フィールドトリアージ)
の電子化に係るシステムの調査研究報告書/   横浜市消防局
 
救急普及啓発広報車の寄贈について
 
インフォメーション/編集後記/ほか
 
32号の記事一覧へ 34号の記事一覧へ
 
           一覧に戻る 
一般財団法人救急振興財団
〒192-0364
東京都八王子市南大沢4-6
TEL.042-675-9931
FAX.042-675-9050
qrcode.png
http://fasd.jp/
モバイルサイトにアクセス!
212714
<<一般財団法人救急振興財団>> 〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-6 TEL:042-675-9931 FAX:042-675-9050