救急救命士の教育訓練や調査研究、普及啓発支援、救急基金のことなら、《一般財団法人 救急振興財団》へ。

 

機関誌「救急救命」通巻第26号

     
グラビア
37年間365日フル稼働!浜松市夜間救急室/
医師と患者との最適化を目指して 救急医療体制支援プログラムGEMITS
 
 
巻頭のことば
救急救命士法施行から20年を振り返り救急救命士の役割を考える/
財団法人救急振興財団理事長 東京臨海病院 病院長 山本 保博
 
 
クローズアップ救急
第19回全国救急隊員シンポジウム
 “未来の救急現場に新たな決意を”~愛ある救急、愛媛から~
 
浜松市夜間救急室-37年間365日フル稼働!-
 
医師と患者との最適化を目指して
 -ICカード「MEDICATMと救急医療体制支援プログラムGEMITS-
 
 
基礎医学講座
小児の一次救命処置 ガイドライン2010がめざすもの/
金沢大学医薬保健研究域小児科 准教授 太田 邦雄
 
放射線被ばく医療/杏林大学医学部救急医学教室主任教授
同高度救命救急センター長 山口 芳裕
 
 
救急の現場から
研修を終え、所属に戻って/
救急救命東京研修所第38期卒業生 山武郡市広域行政組合消防本部 鈴木 武馬
 
シミュレーション訓練/救急救命九州研修所第7期卒業生 都城市消防局 岩松 智弘
 
 
いのちの文化史【第26回】
足の裏は命の泉/北里大学名誉教授 立川 昭二
 
 
MESSAGE/救急救命士をめざす人たちへ
アスクレピオスの杖を以てカドゥケウスを成せ/救急救命東京研修所 教授 尾方 純一
 
 
救急救命の高度化の推進に関する調査研究報告書(概要)
簡易型CPR・AEDトレーニングキットを用いた講習プログラムの効果に関する研究/
堺市消防局
 
財団法人救急振興財団 平成22年度事業報告及び平成23年度事業計画
 
第20回全国救急隊員シンポジウム開催案内
 
平成24年度「救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業」 
 事業委託団体及び「救急に関する調査研究助成事業」助成団体の募集
 
インフォメーション/編集後記/ほか
 
 
25号の記事一覧へ 27号の記事一覧へ
 
                一覧へ戻る
一般財団法人救急振興財団
〒192-0364
東京都八王子市南大沢4-6
TEL.042-675-9931
FAX.042-675-9050
qrcode.png
http://fasd.jp/
モバイルサイトにアクセス!
251841
<<一般財団法人救急振興財団>> 〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-6 TEL:042-675-9931 FAX:042-675-9050