救急救命士の教育訓練や調査研究、普及啓発支援、救急基金のことなら、《一般財団法人 救急振興財団》へ。

 

機関誌「救急救命」通巻第21号

     
グラビア
ミャンマーのサイクロン被害に対する医療活動~国際緊急援助医療チームの団長として/
救急救命九州研修所所長 金井 要
岐阜県関市における応急手当普及啓発活動
大阪千里メディカルラリー
救急救命東京研修所研修風景
 
 
巻頭のことば
救急業務の現状とメディカルコントロール体制/消防庁長官 岡本 保
 
 
クローズアップ救急
岐阜県関市における応急手当普及啓発活動
 -岐阜県関市立旭ヶ丘中学校を取材して-
 -大阪千里メディカルラリーを取材して-
 
 
基礎医学講座
硫化水素中毒に対する危機管理/
東海大学医学部付属病院高度救命救急センター 山本五十年
 
 
研修所だより
救急現場を想定したシミュレーション訓練について/
救急救命東京研修所研修部研修課 主査 伊賀崎 孝志
 
 
いのちの文化史【第21回】
景気と神経症-精神病院の受信者数/北里大学名誉教授 立川 昭二
 
 
MESSAGE/救急救命士をめざす人たちへ
救急救命士を目指す人たちへ/救急救命九州研修所教授 梅村 武寛
 
 
救急に関する調査研究助成事業報告書(概要)
各種搬送資器材におけるAutoPulse使用の有用性の検討/
帝京大学医学部救命救急センター 竹内保男、金子一郎、坂本哲也
 
呼吸音の視覚化の研究~外傷性気胸を検出するデバイスの考案~/
鳥取大学医学部附属病院救急災害医学 林 伸洋、八木啓一
 
搬送機能を付加したLoad-distributing band vest CPR装置の開発/
国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科救急救命システムコース
前住智也、田中秀治、伊藤 進、細川晃央、鈴木健介、白川 透
 
学校教育における応急手当普及啓発「教育プログラム」及び「視聴覚教材」の開発/
出雲市消防本部応急手当普及啓発研究会
飯塚行則、出川 徹、新田幸一
 
財団法人救急振興財団 平成19年度事業報告
 
第17回全国救急隊員シンポジウム in 熊本 開催プログラム(予定)
 
平成21年度「救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業」
 事業委託団体及び「救急に関する調査研究助成事業」助成団体の募集
 
インフォメーション/編集後記/ほか
 
 
20号の記事一覧へ 22号の記事一覧へ
 
                一覧へ戻る
一般財団法人救急振興財団
〒192-0364
東京都八王子市南大沢4-6
TEL.042-675-9931
FAX.042-675-9050
qrcode.png
http://fasd.jp/
モバイルサイトにアクセス!
187280
<<一般財団法人救急振興財団>> 〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-6 TEL:042-675-9931 FAX:042-675-9050