救急救命士の教育訓練や調査研究、普及啓発支援、救急基金のことなら、《一般財団法人 救急振興財団》へ。

 

「全国救急隊員シンポジウム」開催候補地

 

「全国救急隊員シンポジウム」開催候補地(共同主催者)の募集について

「全国救急隊員シンポジウム」開催候補地(共同主催者)の募集について
 
 全国救急隊員シンポジウム(以下「シンポジウム」という。)は、我が国の救急体制の一層の振興を図る一助として全国の救急隊員等を対象とした実務的観点からの研究発表及び意見交換の場を提供することにより、救急隊員等相互の交流と親睦を図るとともに、消防機関の行う救急業務の充実と発展に資することを目的に、平成4年度から毎年、一般財団法人救急振興財団(以下「財団」という。)と開催地消防本部との共同主催で開催しており、平成28年度(第25回)は兵庫県神戸市において開催し、2日間で延べ7,769人の参加がありました。
 この度、平成31年度(第28回)の開催候補地(共同主催者)の消防本部を下記のとおり募集します。
なお、平成29年度(第26回)は千葉県千葉市、平成30年度(第27回)は香川県高松市での開催が決定しています。
 
1.応募資格
原則として、単独の消防本部又は、同一の都道府県内に属して隣接する複数の消防本部で構成された団体で、 シンポジウムの円滑な運営が実施可能な組織体制を確保できる団体とする。
 
2.募集要件
○ 財団と共同主催であること。
○ 原則として1,000~2,000人程度を収容できる主たる会場施設及び500~900人程度を収容できる2会場、200人程度を収容できる3~4会場(会場の総数6~7程度)を確保できること。ただし、上記要件を1施設で満たさない場合は、会場の分散化について財団と協議すること。
○ シンポジウムの開催に必要な経費のうち、会場の使用に係る経費は、開催地の消防本部が負担すること。なお、その他の経費(運営委託費等)は財団が負担する。
○ シンポジウム開催当日は、会場の使役として必要人員(例年100人程度)を
2日間配置できること。
○ シンポジウムの会場付近に2,000人程度を収容できる宿泊施設(複数可)を確保できること。
○ シンポジウムの開催時期は、原則として平成32年1月ないし2月頃とする。
○ シンポジウムの開催期間は、原則として2日間とする。
 
3.募集期間
平成29年3月1日より3月31日まで
 
4.その他
(1)開催候補地については全国救急隊員シンポジウム運営委員会で決定します。
(2)応募に関しては「申請様式」をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、救急振興財団 事務局企画調査課シンポジウム担当(下記メールフォームにて)までメールしてください。
(3)不明な点に関しては、下記にご照会ください。

連絡先:一般財団法人救急振興財団
所在地:東京都八王子市南大沢4丁目6番
電 話:(代表)042-675-9931
    (FAX)042-675-9050
企画調査課  松江・石井
   
5.申請書類
申請書類 ( 16KB )
   
6.メールフォーム
フォーム
お名前
 
 ※例:山田 太郎
 
フリガナ
 
 ※例:ヤマダ タロウ
 
郵便番号
 
 ※例:123-4567
 
都道府県
 
 
市区町村
 
 
番地・屋号等
 
 
電話番号
 
 
メールアドレス
 


注) 半角英数字のみ
 
申請様式を添付してください
 
 
内容
 
 
一般財団法人救急振興財団
〒192-0364
東京都八王子市南大沢4-6
TEL.042-675-9931
FAX.042-675-9050
qrcode.png
http://fasd.jp/
モバイルサイトにアクセス!
074895
<<一般財団法人救急振興財団>> 〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-6 TEL:042-675-9931 FAX:042-675-9050